記事リスト

高精度な加工技術の特徴

機械

研磨状態を左右する要素

主に円筒形パイプの内径加工技術としてホーニングが採用されていますが、研磨の際に工具に取り付けられる砥石の材質は、加工対象物の材質との相性で決める必要があります。また、加工精度に関しては、各業者の技術力に左右されますので、熟練度の高い技術者が在籍する業者であれば、難易度の高い依頼内容に応じてもらえる可能性は高くなります。つまり、ホーニングは、人の力で高品質な部品を生み出す為に欠かすことの出来ない技術の一つと言えます。ホーニング加工の際、工具の周りに非常に細長い長方形の砥石を取り付けますが、砥石の材料として、ダイヤモンド、セラミック、アルミナ等が挙げられます。特に、ダイヤモンドは、高精度な仕上げに適していますので、多くの業者で取り入れています。尚、業者間の違いを生じさせる要素として、様々な加工対象物や材質に対する経験値やホーニングに関するノウハウの蓄積量が挙げられます。単に汚れの取り除きや錆取りが目的であれば、仕上がり具合は業者間で大差はありませんが、耐久性や稼働性を高める必要がある場合には、厳しい設計条件を満たす部品を作り出せるだけのホーニング加工力が備わっていなければなりません。高いホーニング加工力が求められる分野として、自動車分野、鉄道分野、建築分野等が挙げられますが、どの分野も安全性や保守性を高める必要があります。その為、高品質な部品を提供出来るだけの信頼度を上げられるように、各業者で技術力向上に努めています。